#21 クイーン We Will Rock You フレディみたいにかっこよく英語で歌おう♪

Uncategorized Oct 02, 2021

前回まで『ボヘミアンラプソディ』を解説してきましたが、みなさん歌えるようになりましたか?
#20 これでバッチリ歌える!クイーン「ボヘミアンラプソディ」を英語で歌おう!発音解説【後半】

いい歌ばかりのクイーン。
今回はWe Will Rock Youをフレディみたいにかっこよく歌う方法を解説していきますよ。

この曲は、観客をわかせる曲、ライブでは観客が参加しやすく盛り上がって次の曲に行くという感じで、知っている方も多いと思います。

それから、私のイメージとしては、サッカーやラグビーの競技場で観客が歌って盛り上がる曲かな、と。

音声での解説はこちらをご覧くださいね。

 

普段の講座ではカタカナやひらがなで発音を表記しないようにしていますが、ここではわかりやすいように便宜上使用します。ご注意ください。

赤はリンキング
緑は韻
グレーは音は出さないが、舌のポジショニングはしっかりとる
と、色分けしています。

 

 では、始めましょう

曲のビートを思い出してください。
手を叩いてもいいですね。

 太字&アンダーラインの単語にビートが乗ります。

これらの単語の間に他の語をギュッと押し込むイメージですので、今回はまずビートを死守しましょう!

そして、リンキングしたり、音を落としたりしてすべての語を入れ込んでいきますよ。

 

【番】

(よらぼぅぃ)
Buddy, you’re a boy, make a big noise


(プレイニン)
Playing in the street, gonna be a big man someday

playing inの部分。
音をひっつけて良いです。[g]の音を入れられたらよいが、落ちても問題ありません。

streetの子音がつ重なる部分は日本語的に「ス」「ト」「リ」のように母音が入らないように気をつけます。

in thetheの部分の解説は省略します。とても細かい解説と繰り返しの発音でマスターしてほしいので、気になる方は講座か個別レッスンで学んでくださいね。

個別レッスン:https://school.rie.london/offers/4bFDvLpJ/checkout
30分体験レッスン:...

Continue Reading...

#20 これでバッチリ歌える!クイーン「ボヘミアンラプソディ」を英語で歌おう!<発音解説>【後半】

Uncategorized Sep 08, 2021

最終回!クイーンの『ボヘミアンラプソディ』を解説していきたいと思います。

 

今回は、 オンラインサロンメンバーのEさんに特別に出演してもらいました。

ボヘミアンラプソディ大好きすぎる彼女。

映画劇場で10回見ているそうですが、「それでも幕内くらいですよ〜笑」なんて。

さらに、ブルーレイお取り寄せ、日本版も買って、映画だけで枚持ち。車の中で見られるようにしているそうですよ!

 

そんなEさんですが、曲に対してどのように感じているか、伺ってみると

 

・独学だと変な癖がついちゃうので気をつけたいと思っている

・イギリス英語を意識して歌うようにしている

・ロックのところは気持ちよく歌いたいが、曲調が急に変わる所が難しい

 

というご感想をお持ちでした。

 

たしかに、 イタリア語風な発音でオペラ調になったかと思うとロックに変わったり、 フレディーとコーラスの テンポが違ったりと、 本当に難しい曲ですよね!

 

 

 

では早速、歌詞を見ていきましょう。(赤字部分はリンキングです)

 

Too late, my time has come,

has[h]はほぼ落ちます。

come[m]は唇を閉じるだけ。「ム」と言わないように。

 

Sends shivers down my spine,

 

body’s aching all the time

all the timeはよく使う フレーズです。ひとまとまりで言えるように。

Goodbye, everybody, I’ve got to go,

everybodyの部分。everyoneなども同じですが、every[v]をきちんと出してから[ri]に入るとキレイです。

 

Gotta leave you all behind and face the truth

behind[d]は出さなくて良いですよ。

それから、thetruththの音は重要。

弱くてもしっかり音が出ていないとかっこ悪いんです。 出ていない時は、 完全に他の音になっているはずですので注意が必要です。

 

 

Mama, oooh

I don’t wanna...

Continue Reading...

#19 これでバッチリ歌える!クイーン「ボヘミアンラプソディ」を英語で歌おう!<発音解説>【前半】part2

洋楽解説 発音 Sep 08, 2021

前回に引き続き、クイーンの『ボヘミアンラプソディ』を解説していきたいと思います。

フレディの歌が始まる部分からですね。

 

Any way the wind blows, doesn't really matter to me,
To me

Mama, just killed a man,
Put a gun against his head,
Pulled my trigger, now hes dead,
Mama, life had just begun,
But now I've gone and thrown it all away-
Mama ooo,
Didn't mean to make you cry-
If I'm not back again this time tomorrow-
Carry on, carry on, as if nothing really matters-

 

今回も文ずついってみましょう!

 

Any way the wind blows,

windの[d]の音は取りにいきません。なんなら、winmblowsくらいの音になりますね。[z]の音はしっかり出してくださいね。

 

doesn't really matter to me,

matterの部分、メンバーはイギリス人ですがたたき音になりますよ。アメリカ英語っぽくrの音は入りませんけどね。

 

To me

ここは本来の[tu: mi:]という発音ですね。上のto meとは違いますから注意してください。

 

Mamaaa, just killed a man,

killed a manの部分、キルダマンのような感じで一気にいきます。[d]で切らないようにしましょう。

最後のnの音は要注意です。日本語の「ん」の音ではありませんよ。日本語の「ん」は舌が下にあっても出せますよね。nの音は舌が上顎について前の方で出します。そこを意識してください。

 

Put a gun against his head,

この部分、けっこう難しいですよ。

putは前回出てきました帯気します。「プ」ではありません。息が漏れる感じですね。

次にgunは「ガン」ではありません。アの口は小さめ、少し奥の方で出しますね。(...

Continue Reading...

#18 これでバッチリ歌える!クイーン「ボヘミアンラプソディ」を英語で歌おう!<発音解説>【前半】part1

Uncategorized Sep 05, 2021

今回はクイーンの「ボヘミアンラプソディ」を発音攻略解説をしてみました!

名曲ですし、解説には気合が入って、緊張しました〜

 

随所にイギリス英語としてのポイントもたくさん盛り込んでいますので、視聴できる方は是非YouTubeでご覧ください。(盛りだくさんすぎて書ききれない〜!!)

 

 というわけで、前半戦、いってみましょう。

 

〜 コーラス部分 〜

Is this the real life-
Is this just fantasy-
Caught in a landslide-
No escape from reality-
Open your eyes
Look up to the skies and see-
I'm just a poor boy, I need no sympathy-
Because Im easy come, easy go,
A little high, little low,
Anyway the wind blows, doesn't really matter to me,
To me
※マーカーは韻を踏んでいる部分です

 

一文ずつ解説していきます。
※途中、便宜上カタカナ表記を使用していますが、通常はおすすめしていません

 

Is this the real life ?

のっけから難しいです。th , r , lいろいろ入ってますよ。

 

thの有声音しっかり出していきましょうね。

「舌を噛む」というより、舌と歯との摩擦音を出すことが重要

一発目なのでしっかり出していきたいですね。

 

Is this just fantasy?

次に注目するのはjust

口(唇)の形に注意してju の部分音を出します。

 

口がゆるんでいると足りないです。

唇をしっかりと丸めて、唇から歯までの間に響く空間を作りたいんですね。

頬もこけるほどに筋肉を使っていきます。

そして、音を出すときには舌を口の中に打ち付けています。

 

fantasyはジーとはにごりません。

 

 

Caught in a landslide

[c]のあとに息が出ます。クッと止めませんよ。

帯気と言いますが、コートゥではない、...

Continue Reading...

#17 紛らわしいwalkとworkをズバッと解説!

さて今回は、紛らわしい発音の筆頭と言っても過言ではない

walkウォーク

workワーク

を用いて、発音のポイントを解説していきたいと思います。

 

 

発音の違いがいまいちわからない、パッと発することができずにどっちだったかな?と迷いがあったり、いよいよ発音記号を調べる人もいるでしょう。このwalkとwork。

 

共通のつのポイント

では、つにわけて発音のポイントをご紹介しましょう。

 

ポイント[w]

・日本語母語話者が発音できない音

全くできないというわけではなく、出来にむらがある人ももちろんいますね。

 

・wood / would

発音できていないことの自覚がない人が多いですね。

毎度 wood/would の発音ができるに人に会うと「この人(発音)できるな!」と思います。

 

日本語のわ行には、あの段おの段しかありません。さらに「を」は助詞でしかないために、あ行「お」と同じ音で発音されています。

このことから日本語では[w]系の音を省略する傾向があるのではないか、と個人的には思っています。

 

次に、[w]+uは特に「う」になる人が多いです。日本語のいの段えの段は、主に口の開き具合と舌の位置で調整する音で、日本語のうの段おの段は唇を使って形を作って音を出す。「う」で唇を形作った上に、その前に[w]の形を作るとすでにうの形を作ったと脳が勝手に判断してしまっているのではないか、とまたまた個人的に考えています。

さらに「ウッド」のように小さい「っ」が入る場合には、音を途中で止めて短くなってしまいます。その結果、ただの「う」になってしまうのではないでしょうか。

 

・口輪筋を全方向からすぼめる(力まない)

子音は喉から出る息や音が一瞬阻害されることを意味します。

[w]の場合は、唇の内円を極限まで接近させながらも唇には力を入れず、声を出すと「ブーン」と震えるように音を出します。

 

見よう見真似で形を作っても、中が震えていないと[w]の音には聞こえないのです。

 

 

ポイント母音

真ん中の母音が混乱を招いているのかもしれないという点です。

 

・イギリス英語のwalkは(お系)の音

’al’の部分、...

Continue Reading...

#16 1 wordにかける時間予算とエネルギー予算。 日本人が持っていない予算感覚とは

Uncategorized May 25, 2021

 

先日「日本語と英語の音感覚の差」というYouTubeライブをやりました。

 

どんな話か想像つきますか?

英語の音感覚を体得するのにとっても重要な話になっていますので、ぜひご覧くださいね!

 

 

日本語と英語の音数の違い

 

さて、早速本題です。

日本語は文字一つに対して一つの音がついていますね。そして、英語は子音と母音二つで一個

 

以前、こちらのブログでご説明した『#12 interesting の発音は「インタレスティング」ではありません!』を思い出してください。

 

アルファベットばかりで書く言語にはsyllableという感覚があるというお話でした。

とはいえ、「音節の数だけ音がある」という認識で英語ネイティブの人たちは発音しているか?というとsyllableは意識していないはずなんです。

 

日本人だって日本語の「が」は「鼻濁音だ」とか意識して話すことなんて、それを仕事にしている人でなければないはずですよね。

 

そう、どちらのネイティブも無意識に音数の違いを発音しているのです。

 

 

え?どれも同じリズムなの??

 

では、具体的に発音してみましょう。

例題です。

 

Dogs chase cats.

手を叩いてリズムを取ってみてください。リズムは三つ、ですね。

 

では、これはどうでしょう。

The dogs chase the cats.

 

そう、リズムは同じ三つです。

 

では、これは?

The dogs are all chasing the cats.

 

全部同じでしたね!手を叩いてカウントしたリズムは三つでした。

 

これが、英語が英語たる点なのです。

 

 

時間予算とエネルギー予算

 

wordに予算を付けてみましょう、というお話です。

時間予算を「長さ」エネルギー予算を「音の強弱」と捉えてみてください。

 

日本語は一つの文字にそれぞれの予算という感覚がなく、同じです。同じ長さ、同じ強さで「あ・り・が・と・う」と発音します。日本語はこんなに平等なのに、英語は不平等。...

Continue Reading...

#15 英語の発音・リスニングの質問、ライブ相談室!<後半>

Uncategorized May 11, 2021

先日、「英語の発音やリスニングについての質問にお答えします!」というYouTubeライブをやりました。

たくさんの質問をいただき予定時間を大幅に超えてのお届けとなりました。

今日はその後半部分をまとめておこうと思います。是非、読者の皆さんも参考になさってください!

 

 

《前半部分の最後にあった質問より》

英語でのスピーチやアナウンス、友人との会話、時々とても速く感じてしまい、なんとかついていける時もあるがついていけないときもあります。なんとかついていけたとしても、なんとなくしかわかっておらず、結局相手は何を伝えたいのかしっかりと理解できないのが悩みです。

 

《答え》

英語に限らず母語で会話を学ぶ時も、第者の受け答えを聞いたり、参考にしたりしているものです。

意図がわからなかったとしても対でなければ、第者の言葉を聞いて「あ、そういう話ね!」を気づくことができます。

 

さらに、テキストだけ(チャットやメッセージ)の対はなかなか厳しいものがあります。顔が(表情が)見えない、声のトーンがわからないでは、質問なのか?怒っているのか?皮肉なのか…判断に困ることもあります。

 

そんな時は、聞くしかない!

What do you mean? What do you mean?と、何度も聞かれるとさすがに鬱陶しいのでさじ加減が必要ですから、いくつか聞き方を用意しておきます。

 

How do you mean?

I’m not sure if I understood.

Do you mean 〜 ?

 

このように尋ねることができると「この人の英語力が低いんじゃないな。」「あ、自分に原因があるらしい…」と、やんわり伝えることができます。

 

開き直るわけではありませんが、「こういうふうに言うとわかりにくいんだ。通じにくいんだな。」ということを相手にも知ってもらわなければなりません。理屈っぽくも聞けるし、サラッと軽くも聞けるよ、と立体的な(一元的ではない)コミュニケーションを図るとよいでしょう。

 

何にしても、伝える時は直接的でないほうが良いです。

英語を話す人達は直接的に物を言うとか、本音と建前がないとか、英語に婉曲表現がない、...

Continue Reading...

#14 英語の発音・リスニングの質問、ライブ相談室!<前半>

Uncategorized Apr 28, 2021

先日、「英語の発音やリスニングについての質問にお答えします!」というYouTubeライブをやりました。

たくさんの質問をいただき予定時間を大幅に超えてのお届けとなりました。

今日はその前半部分をまとめておこうと思います。是非、読者の皆さんも参考になさってください!

 

 

《質問その》

イギリス英語を一から学びたいのですが、日本にはアメリカ英語の教材が主流で学びにくいと感じています。おすすめの教材はありますか?

 

《答え》

それぞれの方に合わせる事を考えると「この冊を!」と言うことはできないかもしれません。

 

実はこの質問、頻繁にいただきます。なので、検証したいですね。

というのも、日本に帰った時には本屋さんに立ち寄るのですが、英語コーナーへ行くとイギリス英語、イギリス英語発音、ドラマやそれらを題材とした教材はいろいろと目にします。つまり…

 

a.教材があることすら知らない

b.あることは知っているけど、これらではない教材を知りたい

c.もうやったので、もっと違う教材はないか

 

以上の点で、それぞれの状況で教材に対する捉え方や期待値が違うのではないかな、と思っています。

【この点について、視聴者の方からコメントをいただきました】

「教材があるのは知っているのだが、文法や単語のなどの教材がそこまで多くない。アメリカ式より少なく、自分のレベルに合った教材が見つからない。

アメリカ英語である程度ある程度レベルを上げてから、イギリス英語に取り組むべきでしょうか。」

 

教材があるのは知っているということですね。私の一つの疑問が解決しました。ありがとうございます。

試行錯誤されたお悩みですね。

 

例えば、ドラマ教材などであれば、対訳が載っていて、それで進めていくと思います。

解説が載っていてその意味はわかっても、「文法的な構造はどうなっているんだろう?」とか「言い回しを広げるためにはどうしたらいいんだろう?」そのようなお悩みでしょうか。

 

たしかにアメリカ英語はありとあらゆる教材が出ているので、自身で例文に対して応用できる教材が多いかもしれませんね。クリエイティブに使い回せるイギリス英語教材がみつからない、というところかもしれません。

 

《...

Continue Reading...

#13 英語の発音練習はものまね芸人になりきるべし!

Uncategorized Apr 21, 2021

 

 皆さんこんにちは!日本からスタッフのMinaです。

先日RieさんのYouTubeを見てて思い出したことがありました。

 

ものまね芸人さんはどうやって練習しているのか

『水曜日のダウンタウン』のSPで"まだだれもやっていないモノマネ王座決定戦"ってやってたの見た方いらっしゃるでしょうか。

私、ものまね芸人さん大好きなんです!!(←どうでもいいですが…笑)

 

で、月のその放送ではいわゆるモノマネオールスターが勢揃いした中で、ホリさんが優勝しました。

彼はほんっとに上手ですよね!声も動きも似せてくるから、顔も似てるような気がしてくるのがまた不思議…

 

準決勝は歌モノマネで、エハラマサヒロさんとの対決だったんです。

エハラさんは元々歌がうまいし、ホリさんががっつり歌うイメージってなくて。しかもお題が三木道三のLifetime Respect。レゲエ曲だし、関西弁ぽい癖がすごいし、これは普段関西弁のエハラさんが勝つでしょう!って思っていました。

 

そしたら、なんとなんと!!

ホリさん、がっつり歌ってもめちゃくちゃ似てる!

音のアップダウンもデフォルメしてないし、外してないし、リズム感もバッチリだし。もちろん声そのものも似ている…どんな声帯してるんだろう?本当に不思議です。

 

メイクしながら、動画見聞きしながら練習されてましたけどね。聞いて見て口に出して…の繰り返しですよ。

 

再現力を鍛える、とは

それがRieさんのYouTubeと何の関係があるの?と思われた方。

是非、19:54クリティカルスキルポイント「再現力を鍛えるべし。耳から入った音は口で再現できる。」というあたり聞いてみてください。まさに「英語の発音はモノマネだな!」と思いませんか。

 

シャドウイングって再生音を追いかけることに一生懸命になってしまって、音が再現できているかって、あまり意識できないことないですか?私はシャドウイングが苦手で、全然身につかなかったタイプなんです。

けれども、カセット(私もカセットで練習した口です笑)を一度止めてワード、フレーズを何度も繰り返せる時って、音を細かく再現しようとするんですよね。特に母音のア、エ、...

Continue Reading...

#12 interesting の発音は「インタレスティング」ではありません!

Uncategorized Apr 14, 2021
 

いきなりどうしました??笑というタイトルですが、いえいえタイトル通り「interestingはインタレスティングとは発音しないよ」というお話です。

 

英語のつづりと音が違うと感じることは珍しくないと思いますが、皆さんどのように感じていらっしゃるでしょうか。音に合わせてくれたらいいのに…と思う日本人の方も多いと思います。

今日はinterestingを例につづりと音の違いについて書いてみたいと思います。

 

 

日本人はやっぱりローマ字基準?

一番に考えることは、やはり日本人はローマ字読みでアルファベットを捉えている事で支障が出ているのではないかと思うのです。

orange なら、「オランゲ」って書くよね、とか、apple なら ppがついているから「アップル」と小さい つ 「っ」が入るのかな、とか…

 

実は、イタリア語はローマ字読みで発音できます。とりあえず書いてある通りに発音してみたら通じた!となることは多いです。厳密に言えば、ローマ字にはない綴りがあって、音も日本語にはない音なのですが、基本的にはローマ字読みなんです。

しかし、英語はそうはいかない。ここが英語嫌いになる一つの要因かな、なんて思ったりもします。

 

interestingの音節数を数えてみよう

ここでは、音節、つまり母音を中心に見るといくつ音の塊があるか、ということを意識してみます。

 

カタカナで書くと「インタレスティング」となり、日本語なら音が個あることになります。

英語ではどうでしょう。

通常、アメリカ英語なら個か個、イギリス英語の場合は個です。(辞書では in - ter - est – ing のように書かれます。発音記号がわかる方は発音記号で判断されるとよりわかりやすくなります。)

YouGlish ( https://youglish.com/ ) というサイトを使って、実際の音を聞いてみましょう!

 

さあ、どうだったでしょうか。

あえてこのような書き方をしますが…

inTREestingだったらそれっぽい音になりませんか。

 

個しかない音を個で表現して、同じものと認識されるわけがない、ということをわかっていただけると思います。

【豆知識...
Continue Reading...
Close

50% Complete

Two Step

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.